「年齢を重ねても健康的で若々しくありたい」と願う大人の女性のためのアンチエイジングエステを追求。この道ひと筋22年のエステティシャンが綴るブログです☆
<< 大人の肌に保湿よりも大切なこと☆ | main |
動物保護団体「わんらぶ」☆1月活動報告誌

 

飼育放棄、保健所収容など‥命の瀬戸際に立たされた犬を保護し、里親さんに繋ぐ「わんらぶ」の活動誌をご紹介します🐶。

 

表は、しあわせ報告とニューフェイス☆

20200118_2367760.jpg

 

新入りのパピコちゃん&ピノちゃんは野犬。

 

「野犬がいて怖い!迷惑!」

 

そんな通報で捕獲される彼らは、人間を見て吠えたり、噛みつこうとする子がいますが、これは、恐怖から自分の身を守る手段。

保健所ではそれが『譲渡不可』とされ殺処分の対象になります。

 

野犬の始まりは、遺棄や迷子。

 

飢えや渇きに耐え、一生懸命、生きてきたこんなにかわいい2匹でも、命の期限を決められるんです。

 

約1年前、同じように捕獲されたビビくん。この時、相方が3週間の預かり体験をしました。

 

初日は初めての場所にビクビク。

目も合わさず、ケージから出ようともせず。

 

でも、安全な場所だとわかると、日に日に心を開いて、1週間ほどで相方の後を追ったり、遊びに夢中になったり、いびきをかいてお昼寝したり(笑)。【この時の様子です】

 

そんなビビくんも殺処分寸前でした。

 

 

また、家族として迎えられた子達が、様々な理由で飼育を放棄されています。中でも、飼い主の病気や他界によるものは、非常に多い案件のひとつ。

 

わんらぶさんはいつも

『飼える人が飼える犬を飼う』

これを繰り返し伝えています。特に、

55才までの成人が複数いる家庭

家族全員の同意があること

などは当然の条件として挙げています。

 

 

裏は活動報告や譲渡会のお知らせなど。

20200118_2367762.jpg

 

🐶わんにゃんこ里親会

日時‥2月2日(日)10〜14時(雨天決行)

場所‥伊鈴実業有限会社様 第二倉庫

   亀山市管内町1219−3

 

 

昨年、飼育放棄された18才のころみちゃん。長年暮らした家を離れた途端、彼女は、全力で不安と怒りを訴えました。

 

この時のことが書かれています。

【わんらぶブログ】

受け入れから約2週間で天国へ。

 

住み慣れた家で最期を迎えたかったことでしょう。簡単に命を売るペットショップの在り方を考え直すべきだと感じます。

 

そのペットショップの仕入れ先である繁殖業は、

 

シリアスブリーダー

種の保存や犬質向上が目的。疾患や健康管理を熟知したうえで、計画的に無理や負担のない繁殖を行う。

 

パピーミル(子犬工場)

流行りの犬種に飛びつき『産めや増やせや』…繁殖犬は子犬製造マシーン。先天的疾患・遺伝性疾患があっても、お金儲けのため、構わず乱繁殖させることが日常。

 

↑ ↑

大きく分けてこの2つ。シリアスブリーダーは全体の約5%と言われています。

 

パピーミルでは、必然的に、障害や奇形をもつ仔犬が多く『売れない子』を飼養するのは、お金の無駄。繁殖力がなくなった子も同様。これが飼育放棄に繋がります。

 

適切なケアや必要な医療を受けることなく、無理な繁殖を強いられてきた子たちは、ボロボロの姿で保護されます。

 

『売れてなんぼ』のペットショップがある限り、子犬工場も飼育放棄もゼロにはなりません。

 

 

香川県の小中高生が立ち上げた【ワンニャンピースマイル】の活動に共鳴し、多くの大人が立ち上がり、こんなメッセージソングができたそうです。

 

 

 

シェリーでは、保護っこのお世話に使うタオル類や、寒い時期に重宝する毛布やフリース(使い古しでOK)を集めています。

20191125_2348526.jpg

↑いつもご協力ありがとうございます。引き続きよろしくお願いします!

このブログが、犬や猫、産業動物や家畜の現実と向き合うきっかけになればと願っています。

 

わんらぶ最新ブログはこちら

https://ameblo.jp/itopi1111/ 

保護っ子たちの日常や、わんらぶの思いが綴られています。ぜひご覧ください(^-^)。

 

 

 


 

サロンドシェリーはお客さまとわたしとが一緒に年齢を重ねていけるサロンです。

 

☆名張市鴻之台1番町136‐2(駐車場有)

☆営業時間‥10:30∼19:00(完全予約制)

☆定休日‥毎週火曜日

☆ご予約はこちらから

 24時間ご予約専用フォーム

 0595−61−1771

 cheri.2005.4@gmail.com
ご質問・お問い合わせ専用フォーム

☆LINEからもご予約・お問い合わせ下さい

|動物と人が共に生きるために☆ | comments(0) | -











☆ホームページ http://www.salon-de-cheri.com/