「年齢を重ねても健康的で若々しくありたい」と願う大人の女性のためのアンチエイジングエステを追求。この道ひと筋22年のエステティシャンが綴るブログです☆
<< 施術の度に色つやが良くなる☆ブライダルエステのご感想 | main | ご予約・お問い合わせについて☆ >>
動物保護団体「わんらぶ」☆11月活動報告誌

 

遺棄や飼育放棄、保健所収容など‥命の瀬戸際に立たされた犬を保護し、里親さんに繋ぐ「わんらぶ」の活動誌です。どうぞ、最後までご覧下さいませ。

 

 

表は、しあわせ報告と、飼育放棄によって新たに保護された子の紹介。

 

20191123_2348098.jpg

 

ブリーダーと一括りで呼ばれる繁殖業ですが、

 

シリアスブリーダー

種の保存や犬質向上が目的。その犬種特有の疾患や健康管理を熟知したうえで、計画的に無理や負担のない繁殖を行う。

 

パピーミル(子犬工場)

お金儲けが目的。流行りの犬種に飛びつき『産めや増やせや』の彼らにとって、繁殖犬は金の生る木‥子犬製造マシーンです。先天的疾患・遺伝性疾患があっても構わず乱繁殖させる。

 

↑ ↑

このように大別でき、シリアスブリーダーは全体の約5%と言われています。

 

パピーミルでは、必然的に、障害や奇形をもって生まれてくる仔犬が多く『売れない子』にコストをかけて飼養するのは無駄。繁殖力がなくなった子も同様です。

 

これが飼育放棄に繋がり、保護される犬が後を絶たないのはこの為です。

 

適切なケアや必要な医療を受けることなく、無理な繁殖を繰り返した子たちは、ボロボロの姿で保護されます。

 

子犬工場が無くならないのは、

この裏側を知らずに買う人がいるから。

 

繁殖屋だけでなく、一般家庭からの保護が多いのも現実。ポメタくんの【保護の経緯】が書かれたブログです。

 

このような、耳を疑うようなことが身近で起こっています。『売れればいい』というペットショップがある限り、一般家庭からの飼育放棄もゼロにはならないと思います。

 

 

さて、裏は活動報告や譲渡会のお知らせなど。

20191123_2348096.jpg

 

🐶わんにゃんこ里親会

日時‥12月1日(日)10〜14時(雨天決行)

場所‥伊鈴実業有限会社様 第二倉庫

   亀山市管内町1219−3

 

🐶わんらぶ写真展

日時‥12月2日(月)〜27日(金)

   8時30分〜17時15分

場所‥三重県伊賀市四十九町3184

   伊賀市役所本庁舎4階

   市民ギャラリー

 

ぜひ、足を運んでみてください(*^-^*)。

 

 

今年5月、飼育放棄の手続きに同席しました。

 

お世話ができなくなり、殺処分も仕方ないと保健所に引き取りを依頼した飼い主さん。そこで、わんらぶを紹介されたそうです。

 

引取り時、自宅での様子は静かな老犬。でも、約18年、暮らした家を離れた途端、彼女は、全力で不安と怒りを訴えました。

 

ころみちゃんのことが書かれています。

【わんらぶブログ】

それから約2週間で天国へ。高齢者が動物を飼うことの大変さ‥深く考えさせられ、現実を伝えていくことの必要性を改めて感じました。

 

香川県の小中高生が立ち上げた【ワンニャンピースマイル】の活動に共鳴し、多くの大人が立ち上がり、こんなメッセージソングができたそうです。

 

 

 

春には約3週間、相方が保護犬の預かりを引き受けてくれたので、初めて身近に野犬のビビくんと接することができました。

 

 

初日は、初めての場所にビクビク。

クレートに引きこもり状態。

でも「安全な場所だ」とわかってきたのか

日に日に心を開いて、

目をキラキラさせてボールで遊んだり、

預かりさんの横でグーグー寝てたり‥。

 

この時の様子です。【わんらぶブログ】

 

 

昨年末、保護された山暮らしのビビくんたち。最初は、怖くて吠えたり、身を守るために噛みつこうとした子もいたかもしれません。人間を知らずに生きてきたので当然です。

 

迷い犬や人に遺棄されたことが野犬の始まり。

 

人に飼われていた犬は、自分で餌をとる方法を知りません。飢えや渇きに耐え、一生懸命、生きる方法を探しながら生きてきたこの子たちの親、そしてまたその親。

 

「野犬がいて困る!」「怖い、咬まれそう」

 

そんな通報で捕獲され、保健所に収容され、待ったなしで殺処分されたり、命に期限を決められます。今、この瞬間も、殺処分機を前に怯えている子がたくさんいます

 

生きるために生まれてきた命。

命を処分する機械が必要でしょうか。

 

こういう現実を知らない人は多くいます。

このブログが、ひとりでも多くの人に犬猫、産業動物や家畜の現実と向き合うきっかけになればと願っています。

 

 

シェリーでは、保護っこのお世話に使うタオル類やこれからの時期に重宝する毛布やフリース(使い古しでOK)を集めています。

 

20191125_2348526.jpg

↑来週、届けてきます。みなさん、ご協力ありがとうございました。引き続きよろしくお願いします!

 

わんらぶ最新ブログはこちら

https://ameblo.jp/itopi1111/ 

保護っ子たちの日常や、わんらぶさんの思いが綴られています。ぜひご覧ください(^-^)。

 

 

 


 

サロンドシェリーはお客さまとわたしとが一緒に年齢を重ねていけるサロンです。

 

☆名張市鴻之台1番町136‐2(駐車場有)

☆営業時間‥10:30∼19:00(完全予約制)

☆定休日‥毎週火曜日

☆ご予約はこちらから

 24時間ご予約専用フォーム

 0595−61−1771

 cheri.2005.4@gmail.com
ご質問・お問い合わせ専用フォーム

☆LINEからもご予約・お問い合わせ下さい

|動物と人が共に生きるために☆ | comments(0) | trackbacks(0)









http://blog.salon-de-cheri.com/trackback/945246


☆ホームページ http://www.salon-de-cheri.com/