「年齢を重ねても健康的で若々しくありたい」と願う大人の女性のためのアンチエイジングエステを追求。この道ひと筋22年のエステティシャンが綴るブログです☆
<< 【工程写真付き☆本格アンチエイジングコースのご紹介】 | main | 動物保護団体「わんらぶ」☆9月活動報告誌 >>
野生動物の住処に道路を作って暮らすということ。

 

車と動物の接触事故は交通事故。

警察への連絡が必要ですが、

そのまま走り去る人がほとんどです。

 

そのため、

轢かれた動物を目撃する事が多々あります。

 

そんな時、どうしていますか?

 

大半の人が

「かわいそう」と思いながら、

通り過ぎるのではないでしょうか。

 

 

先日、娘がバイトへの道中で、ケガをしたタヌキさんを見つけたそうです。道端で一生懸命、山へ戻ろうとする姿を見て、二度三度と轢かれては‥と、旦那ちゃんにSOS。

 

血痕を辿って、田んぼの隅でうずくまる子タヌキを発見した息子は、急いで軍手と段ボールと水を取りに戻り、再び、タヌキさんの元へ駆けつけ、段ボールに誘導しようと頑張ったそうです。

 

苦戦する人間をみてタヌキさんも「助けてもらえる」と分かったんでしょう‥血を洗い流してもらったタヌキさんは、猫みたいに喉をゴロゴロ鳴らしながら、自ら段ボールへ。

 

そして、山の入り口まで行くと、ツチくん(ツチノコみたい‥と命名したらしい)は、山へ入っていったそうです。

 

そんな様子を怪しんで出てきた土地主さんに不法投棄を疑われた息子は、ケガをしたタヌキがいることを伝えます。彼に返ってきた言葉は

「あ〜処理しといて」

創作物を荒らされることは、本当に困りものだということは分かりますが「地球は人間だけの住処ではない」と私は思っています。

 

だから、息子の行動は💮です(^-^)。

 

 

では、こんな時どうしたらいいか。

↓ ↓

 

事故に合った動物が生きている場合は、​衛生面や安全面から素手で動物に触らないよう注意してタオルやダンボール等で保護し、動物病院や保護施設に運びます。動物が暴れたりなど保護が難しい場合は、動物病院や保護施設に連絡して指示に従ってください。(野生動物の無償治療を行っている施設や病院もあります)。

動物が死亡している場合は、素手で触れないようにして、できるだけ交通の妨げにならないよう動物を路肩に移動させます。動物は道路管理者または自治体が処理します。

(JAFホームページより抜粋)

 

国土交通省の道路緊急ダイヤル(#9910)

 

減点や罰金はないので、迷わず連絡を。ちなみに私は、この番号を最近まで知らず、県道なら市役所、国道なら伊賀庁舎に連絡をしていました。

 

 

何年か前のこと‥私は道の真ん中でうずくまる子猫を見つけ、助けようとしました。でも、走ってきた車に目の前で撥ねられてしまいました。

息絶えた子猫にタオルをかけ、市役所に連絡をして、その場を後にしましたが、あの時のことは今でも忘れられません。今思えば、あの場所で一緒に待ってあげればよかったと後悔しています。

 

私たちは、野生動物の住処に住宅や道路を作ってるのですから、いつ動物がひょっこり出てきてもおかしくない。いつもそう意識して、ハンドルを握らなくては。

 

サロンブログ【動物と人が共に生きるために】

 

一生懸命に生きてきた命の存在を

見て見ぬふりをするのではなく

行動する人間でありたいと思う。

 

 

 


 

 

サロンドシェリーはお客さまとわたしとが一緒に年齢を重ねていけるサロンです。

 

☆名張市鴻之台1番町136‐2(駐車場有)

☆OPEN‥10:30〜19:00(完全予約制)

☆CLOSE‥毎週火曜日

☆ご予約はこちらから

 24時間ご予約専用フォーム

 0595−61−1771

 cheri.2005.4@gmail.com

☆LINEからもご予約・お問い合わせ下さい

 友だち追加

ご質問・お問い合わせ専用フォーム

☆クレジットカードご利用可

☆ホームページ‥http://www.salon-de-cheri.com/       

  

           

 

 

|動物と人が共に生きるために☆ | comments(0) | trackbacks(0)









http://blog.salon-de-cheri.com/trackback/945317


☆ホームページ http://www.salon-de-cheri.com/